経歴(短縮バージョン)

早川泰子プロフィール

秋田市在住のジャズピアニスト。ジャズスクール[piano house]主宰。
師匠であるピアニスト大野三平氏の勧めで1990年プロデビュー。
以来、演奏の拠点を秋田市の[5spot]に置きながら、国内外に演奏活動を展開している。
ベースの巨匠リチャードディビス、ドラムの名手ルイスナツシュとのツアー、NYレコーディング、
同ホールでの東京フィルハーモニーとの共演、ハワイでの招待公演等。
NHKのジャズライブ番組[セッション505]に6回の出演と、6枚のアルバムによって、全国にファンを持つ。
アルバム[ハイドランジア]のライナーノーツには、親交の深かったピアニスト、レイブライアントがメッセージを寄せている。
早川泰子カルテット、山田穰(As)山下弘治(B)勘座光(Ds)のレギュラーメンバーにて都内、
各地でツアーを行っていて、全国に、このメンバーのファンも多い。
秋田県内では、美術館、博物館、各種イベントでの演奏等で、地域とのジャズの交流を深めている。